05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

あれな出来事

2chまとめ

あんてな

Powered By 画RSS

Powered By 画RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【日中印】インド紙「中国が日印を同時に敵に回してくれたお蔭で両国の親密度はこれまでになく高まった」 

2010y08m08d_232356805.jpg

1:帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★:2013/06/04(火) 01:39:34.41 ID:???

シン首相の訪日で一気に親密度が深まった日本とインド。両者の間で“愛”が深まったのは、「中国のおかげ」だとインドメディアが報じている。3日付で環球時報が伝えた。 

インド紙ファーストポスト(電子版)は先月30日、「シン首相の日本への“愛”は単に“戦略的な愛”に過ぎない」と指摘。一方、日本のインドに対する“愛”も「中国の存在があったからこそ」だと報じた。 

シン首相の日本滞在中、日印両国は「戦略的グローバル・パートナーシップ」の一層の強化で一致。これと同時に日本はインド向けにインフラや教育など複数の分野で大規模な政府開発援助(ODA)や投資を続行することを約束した。 

だが、記事は「日本からの支援は総額でわずか4億4600万ドル」と指摘。昨年11月にオバマ米大統領が訪印した際は「総額100億ドルに及ぶ支援」だったと比較し、「日本の今回の支援はインド経済の飛躍にはつながらない」と一蹴。 

その上で、一連の支援は中国の台頭に脅威を感じる日本から、同じように中国の脅威を感じるインドへのラブコールだと指摘。中国が日印両国を敵に回すという失敗を犯したおかげで、両国は現在、これまでにないほどの親密な関係にあるとしている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000049-xinhua-cn 

 
 
 
2:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 01:41:19.01 ID:nu9xzTIB

インドも同じ考えだったか
 
 
 
5:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 01:42:30.38 ID:oRErn7v0

カーストがあるからどうもなあ・・・日本人は生まれながらの貴賎には違和感あるよ
 
 
 
12:六代目浜田伝右衛門 ◆AKUMA/.c.o :2013/06/04(火) 01:45:42.42 ID:HlpuDrq5

>>5
職業別の身分制だからな。

いろいろ難しい。

 
 
 
76:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:48:45.77 ID:76aZ21IB

>>5
遠交近攻

だからそんな事はどうでもいい

インドの問題だ

 
 
 
87:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 04:39:31.06 ID:i9Q8oXrF

>>5
おいおい、日本は有名政治家の息子、娘は必ずトップ当選してしまう国なんだぜ。

 
 
 
8:カミカゼ@無名:2013/06/04(火) 01:44:10.36 ID:92qnyVgW

シナは全方位敵がデフォだからな
 
 
 
 
 
7:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 01:43:58.73 ID:RLto9Bjh

(前略) 

                 ↓ 

中国: 全人代の採決投票で、予算案に対する反対・棄権票が20%、人事案に至っては3分の1を超えるという異常事態に。 

     習・李体制の求心力の無さがいきなり露呈する。 

                 ↓ 

日本: メタンハイドレードの採掘に成功。楽観視するには早いが、資源大国への道筋が見え始める。 

                 ↓ 

中国: アフリカ新植民地政策+西沙諸島の周辺でベトナム漁船を発砲。カバーストーリーも準備せず、どんどん世界から危険視される。 

                 ↓ 

日本: 中国包囲網・北支部の足掛かりとして、安倍首相がモンゴルに訪問。モンゴルの中国依存脱却にも一役買って出る。 

                 ↓ 

中国: 鳥インフルエンザの感染拡大。感染源が特定できずに、死者・感染者の増加に歯止めが掛からない。 

                 ↓ 

日本: 親中派の中国詣が活発化するも、顔ぶれはほとんど引退した連中のみで、現在の主流派との格好の対比になる。 

                 ↓ 

中国: 四川省で地震発生。多数の死傷者が出るも、面子を優先した政府の対応に人民の不満が拡大。 

                 ↓ 

日本: 閣僚も含めた多数の超党派の議員が靖国参拝。強気に出られる裏付けができた模様。 

                 ↓ 

中国: 震災や鳥インフルエンザの被害など懸念事項ではないかのように、一斉に靖国参拝を叩く。そうしている間にも現実はより厳しい方向へ向かう。 

                 ↓ 

日本: 靖国参拝で一番騒いでいるのは日本のマスコミで、大きな問題にしようと企むも、日本国民どころか中国人民も反応が薄い。 

                 ↓ 

中国: 日本のマスコミの勢いに乗せられて対日批判を繰り返したが、何の得にもならず外交カードとしての機能を完全に失い、さらに焦る。 

                 ↓ 

日本: GW中、首相を含めた多数の閣僚が世界中を訪問し、経済・安保面で連携強化のラッシュ。日本が国際社会で孤立していると言った連中の立場を台無しにする。 

                 ↓ 

中国: ついに日本の沖縄主権を否定しだす。日本国内の工作員と連携して、琉球独立キャンペーンを開始。 

                 ↓ 

日本: 沖縄県民の9割は対中感情が悪く、社民党と沖縄知事は、県民と敵対関係であることが鮮明になる。 

                 ↓ 

中国: どさくさまぎれで潜水艦を出したが、あっさり見つかり日本の対潜能力の超えられない壁に打ちのめされる。 

                 ↓ 

日本: 政府は国籍を明かさず、音響探知用の音波を当てて精神攻撃を行いつつ、犯人が名乗り出るのを待つ。 

                 ↓ 

中国: 毎日のように特権階級が大量の資産を持ち逃げしている最中、ゴールドマンサックスが中国株を全て売却。中国経済7月崩壊説が現実味を増す。 

                 ↓ 

日本: 中国包囲網の首脳会談にミャンマーとインドを追加。資源・経済・安全保障外交に厚みが一層増す。 

                 ↓ 

中国: シンガポールでのアジア安全保障会議で各国から集中攻撃を喰らう。尖閣問題の棚上げ論を持ち出すも、今まで散々煽ってしまったので収拾がつかなくなった。    ←今ここ 

 
 
 
84:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 04:21:18.84 ID:Umb4O3nV

>>7 

>(前略) 

遂に前略を入れるようになったかw 
 
 
 
17:顔文字(´・ω・`)字文顔 ◆v9x6/ONBmw :2013/06/04(火) 01:49:32.54 ID:egxu51L6

ま、日本もインドに特段の愛情なんて無いですが、中国よりは一緒にやれそうって事ですわな。 

向こうさんも払われるか払われないか分からない何百億ドルより、確実にもらえる4億ドルの方がマシでしょうし。 

そもそもアメ公はインド依存が高まってて、蔑ろに出来ないレベルだからってのを忘れちゃいかんですよ。 

 
 
 
23:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 01:55:56.22 ID:PqPZnheo

しかしなんでまた中国はインドに侵入したんだろうな 

誰が見ても大失敗だろ?理解できんわ 

軍閥の独走なんかな? 

 
 
 
24:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 01:58:04.30 ID:8q0YYJMG

>>23 
愚民教育の結果。 

対外的に強く出ないと政権が成り立たない。 

下朝鮮も同じ。 

 
 
 
33:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:11:24.39 ID:VM+oYCs2

>>23 
チベット系の諸民族がヒマラヤ南麓に存在する。 

カシミール、ヒマチャル、ウッタランチャル、ネパール、 

シッキム、ブータン、アルナチャル 

最後のはマクマホンラインでほとんど中国側の支配下になっている。 


両線を抑えられたら戦術上は上の兵隊にしたのは勝てない。 

戦略補給はインド側に数十倍の利があるのだが、戦術を戦略で覆せない弱さがインドにある。 

 
 
 
40:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:20:10.14 ID:Sy91HucR

>>23

「強者の恫喝」中国、瀬戸際外交の極意 

ニューデリー政策研究センターのブラーマ・チェラニー教授 

中国首脳が訪印するたびに、強硬策をとってまず、緊張を高めるところから始まる。 

胡錦濤国家主席が2006年に訪印する前には、 

アルナチャルプラデシュ州に対する領土要求が出され、 

温家宝首相の2010年の訪印前には、カシミールでインドの主権が脅かされた。 

今回の李克強首相のインド訪問前の4月中旬、中国軍が突如、実効支配線から 

インド側に10キロ以上も侵入した。身勝手で野卑な恫喝外交である。 

ところが、現在のシン政権は政治基盤が弱いうえに、危機対応が甘い。 

チェラニー教授によると、インドは3年前から国境警備を軍から警察に移し、 

国境を守る意思の低下というスキを中国に与えていた。 

教授は「インド政府は兵力を増強せず、侵略者に報償を与えてしまった」と嘆く。 

李首相の訪問を前に、インドは中国軍の撤退の見返りに監視所を撤去し、 

塹壕など防御要塞を破壊することに合意してしまった。 

大坂冬の陣(1614年)後に、徳川方が大坂城の内堀を埋めたようなものだ。 

当面の危機回避のために、中国軍がいつでも攻撃できる状態にしてしまった。 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130522/chn13052212130001-n1.htm 

 
 
 
29:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:06:27.04 ID:YRCyLgf9

国家関係なんて常に打算でしょ 

少なくとも中国みたいな全方位威嚇外交じゃやってけんよ 

 
 
 
35:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:13:48.12 ID:A5zKRYfz

あ、本音がw 
 
 
 
39:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:19:29.01 ID:0mMXESGQ

ドライな関係の方が長続きするのよねw 
 
 
 
42:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/06/04(火) 02:23:41.67 ID:W152qr+D

日本のODAは現地の状況に合わせてもっとも効果的なきめ細かい援助をする。 

インドだと 井戸掘りまでふくまれるだろう。 

アメリカのとは質がちがうので 金額の割りに効果は大きいはずだぞ。

 
 
 
44:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:25:50.41 ID:seXiyLHp

>>42 
成長産業を更に伸ばす様な支援は欧米が得意とする所だが、 

底辺の底上げを狙うような支援は 

現状日本一択なのではなかろうか?
 
 
 
 
45:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/06/04(火) 02:25:57.20 ID:W152qr+D

学校建てて 井戸掘って 下水道整備して 

本当に基礎的なところから発展の土台を作るODAなので 費用はそんなにかからない。 

日本のODAは金額のほかに知識が入ってるからだ。
 
 
 
 
47:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:28:03.25 ID:xrRvTPTO

日本が用いるODAって、インフラが中心だからね。 

国家の屋台骨を強靭にする事への援助が大半だぁね 

 
 
 
49:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:33:45.62 ID:j7WkN7s+

まるで日独同盟のために日英同盟を破棄したおろかな日本を思い出すようだ 
 
 
 
51:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:35:48.74 ID:xLKmUCdj

>>49 
その英はまさか中国じゃあないよな 
 
 
 
53:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:42:31.34 ID:ZR32qmDk

でもインドの民度を忘れんな 

資本・民主だが、やっぱし発展途な制度環境 

レイプ一つに対策とれんし、そもそも社会整備が全くレッドカード 

あれでは気づいたら背中にナイフ突きつけられてたってのも普通にあるぞ 

日本にゃリスクある対応とらにゃいかんこともそりゃまぁあるだろうし 

隣国らとの緊張感パねぇし 

 
 
 
54:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:47:02.62 ID:seXiyLHp

>>53 
だからこそ日本式の底辺底上げの為の支援が肝なんだろ? 

底辺層の教育、生活に直結する支援が。 

 
 
 
56:駿河の黒羊:2013/06/04(火) 02:53:18.94 ID:Duy1r4T/

元記事はこれだのぉ 


The reason for Japan’s new found love for India is China 

http://www.firstpost.com/world/the-reason-for-japans-new-found-love-for-india-is-china-826303.html 


>だが、記事は「日本からの支援は総額でわずか4億4600万ドル」と指摘。 

All this put together amounts to a staggering 4.46 billion US dollars and all of that in just one visit of the Indian 

Prime Minister and his talks with his Japanese counterpart Shinzo Abe. 


あれぇ、44.6憶ドルだよw 
 
 
 
58:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 02:59:01.46 ID:tGxp3Hyx

>>56 
流石は共匪チラシ。 

意図的誤訳までしやがったかw 

 
 
 
63:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:19:08.92 ID:YEm2Q1Kg

>>56 
恐れ入ります。 

元記事から翻訳記事になる際に【意図的な誤訳】が有り 

それは支那フィルターの可能性が高い、というお話だと自分なりに伺いました。 

とても分かりやすい事例なので、頂戴していって友人等に撒かせて頂こうかと思います。 

有難うございました。 

 
 
 
62:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:17:53.67 ID:Dk5NfFMt

良くも悪くも、中国みたいな国に対抗できるのはインドしかない。
 
 
 
70:ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. :2013/06/04(火) 03:32:31.53 ID:W152qr+D

カースト制度と日本国の憲法は相性がわるい。 

どっかで頓挫するだろうな。 

 
 
 
73:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:38:56.63 ID:A/LT7cJC

インドの場合、下層カーストの裏ワザとしてイスラムに改修って手もあるw 

それにしても、人口の過半数がバラモンってのはどういう訳かねw 

因みに、カーストには日本人と言うのもある。 

一応最上位のカースト 

出身国の国力によってその辺は上下する。 

参考までに、前の戦争では戦士階級として、日本兵ってのもあったらしいw 

捕虜の中に、教師で兵隊の捕虜や新聞読む農家出身の士官が居て、扱いに混乱したそうなw 

 
 
 
78:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:53:51.78 ID:75C/oZu9

映画スラムドックミリオネアの世界だもんな、日本人とは世界観が違いすぎる 
 
 
 
81:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 03:56:49.75 ID:oHbgGEzs

まあ、ある意味歴史の必然だな 


中韓を敵国、シーレーン諸国とは友好 

地政学的にもこれが一番あるべき姿 

 
 
 
83:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/06/04(火) 04:16:29.35 ID:77bYNdUR

インド人は心の底から支那が嫌いだな 
 
 
 
元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1370277574/


Powered By 画RSS
スポンサーサイト

category: 中国

thread: 海外ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://gemato.blog.fc2.com/tb.php/1548-e462e632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おすすめ

あくせすランキング

旧カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。